腕時計は水を舐めたらいかんぜよ!

0

    JUGEMテーマ:通販

    JUGEMテーマ:おしゃれな腕時計

    JUGEMテーマ:腕時計

    JUGEMテーマ:時計★大好き

     

     

     

     

     

    精密機器である腕時計には様々な取扱い上の注意点や

     

    磁気や衝撃などの天敵が存在しますがその中でも一番の

     

    天敵とも言える物にがあります。

     

     

     

     

     

     

    時計は内部に水が入ってしまってもすぐに止まる事は少ないです。

     

    しかし水入りトラブルは他のトラブルよりも致命傷になる確率が

     

    高いので注意が必要です。

     

     

     

    時計内部に水が入ってしまっても1週間位は普通に

     

    動くので多くの方は問題無いと油断してしまいがちですが

     

    その間に内部への侵食は進んでいきます。

     

     

     

    風防が曇る様なケースだとかなりの水分が浸入している

     

    状態だと予想され内部のムーブメントだけでなく

     

    針や文字盤の変色や腐食など外装にも影響ほ及ぶので

     

    ダメージは大きいです。

     

     

     

    それが最終的にはサビなどに発展し時計が止まってしまった時には

     

    大量のサビが発生しており既に手遅れなんて事も多々あります。

     

     

     

     

     

     

    水仕事や海で水中に浸ってしまった等の場合はともかくとして

     

    意外に多いのはリューズの緩みによって自然に内部に水分が入り込む

     

    ケースです。

     

    ダイバーズウォッチなどの場合でもリューズがしっかりと締まっていないと

     

    防水性能はほぼ発揮出来ないので水回りで使用する際は事前にリューズの

     

    チェックをしておく事が欠かせません。

     

     

     

    また気密性の低い時計の場合は水分が入っても時間と共に再び水が抜けていく

     

    場合も稀にありますがダイバーズウォッチなどの気密性の高い時計の場合は

     

    逆に水分が抜けずにダメージが大きくなる事も多いです。

     

     

     

     

     

     

    水が入ったと分かったらその場で動いていたとしても

     

    早急に修理工場に持ち込んで下さい。

     

    すぐに持ち込まれた物であれば内部洗浄と油の塗布で済むので

     

    通常のオーバーホール料金で対応してもらえる可能性が高いです。

     

    水入りトラブルは早急な修理依頼が賢明といえます。

     

     

     

    大事な腕時計を水トラブルから防ぐには日頃からの小まめなチェックと

     

    もしもの時はプロに早急な修理依頼をする事が必須方法ですので

     

    覚えておいて下さいね!

     


     

     

     

     

    お問い合わせはこちら→お問い合わせ

    ショップはこちら→腕時計の通販店舗 ワールドウォッチショップ


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM