気になる時計のトラブルあれこれQ&A!

0
    JUGEMテーマ:時計★大好き
    JUGEMテーマ:時計のお話。
    JUGEMテーマ:通販
    JUGEMテーマ:腕時計
     

    腕時計を使用するにあたっての素朴な疑問、質問のご紹介と

    愛用頂いてる腕時計を少しでも長くお使い頂く為に

    トラブルを引き起こさない日常使いのポイントをご紹介したいと思います!







    Q:自動巻きの時計を手巻きしても大丈夫?

    A:頻繁でなければ大丈夫です!


    自動巻きの時計といっても最近の腕時計の多くは手巻き機能が付いていますので

    手巻きで巻いても問題ありません。


    ただ元々回転ローターでゼンマイを巻く事が前提の設計ですので

    あまり機械に負担をかけない様に20回程度巻いたら

    回転ローターでの巻き上げをおすすめします。







    Q:手巻きの時計は頻繁に巻いた方が良いですか?

    A:決まった時間に巻くのがベターです!


    ついつい頻繁に巻きたくなってしまう手巻きの時計ですが

    ゼンマイのトルクを維持して精度を良好に保てるという利点はありますが

    力の掛かり方のバランスが偏ってしまい

    ゼンマイが解けにくく油が均一化されにくいので

    『一日に一回』

    決まった時間に巻くのがベターです。







    Q:あまり使用していない時計は長く使えますか?

    A:定期的なオーバーホールは必要です!


    あまり使用していない状態というのは当然パーツへの負担は

    軽減されているので通常よりも劣化は少ないとは思われます。


    ただしムーブメントの中に使用される油はたと時計を動かさなくても

    数年で乾ききってしまうと言われています。

    ですので最低3〜4年に一度はオーバーホールをする必要があります。







    Q:クォーツの腕時計もオーバーホールは必要ですか?

    A:機械式腕時計程ではありませんが必要です!


    オーバーホールは機械式の腕時計だけと考える方も多いと思いますが

    クォーツの腕時計であって精密機械である事は変わりません。


    ムーブメントに油を注しているので油は劣化し

    パッキンも耐久性が低下していきます。


    おおよそ2回目の電池交換となる4年をひとつの目安として

    オーバーホールすることをおすすめします。







    Q:時計の針は逆回ししても壊れませんか?

    A:日付表示のあるものは注意が必要です!


    1〜3時間程度の範囲であれば正方向に回すよりも動かす範囲が少ないので

    機械に掛かる負担が少なくて済みます。


    ただし日付表示などのカレンダー機能が搭載されている腕時計は

    日付関係の歯車を傷めてしまう可能性が高いので

    0時前後の逆回しは避けた方が良いです。







    Q:日付表示はいつ変更しても問題ないですか?

    A:正時の前後3時間は避けるべきです!


    現在は0時になると瞬間的に日付表示が切り換わる時計がほとんどですが

    0時の前後3時間は日付表示変更に向けて歯車がちょうど噛み合いだす

    タイミングですので避けた方がいいです。

    最も影響の少ない6時側に時分針を合わせて日付変更するのがベターです。







    Q:クロノグラフは常に動かし続けても平気ですか?

    A:時々動かす程度にしておいた方が良いです!


    クロノグラフ機能は必要に応じて計時する為の機能であって

    常時作動させる事を前提に設計されていません。

    無駄に動かし続けるのはパーツに余計な負荷を掛けてしまします。


    ただしクロノグラフ機能が必要な時に動かすのは何の問題もありません。

    むしろ定期的にクロノグラフを作動させ油を均する必要があります。







    Q:日常生活防水とはどの程度の事をいうんでしょうか?

    A:防水性はそれほど高くありません!



    日常生活防水と聞くと日常シーンでの使用は全く問題ないのではと

    感じる方もいらっしゃると思いますが防水性はそれほど高くありません。


    水道から出る水の勢いは約10気圧程度に相当するので

    手を洗う際は出来る限り時計を外して

    水がかからない様にしたほうが良いです。


    時計を気にせず安心して日常シーンで使用したいなら

    10気圧防水以上の時計がおすすめです。







    Q:防水性の高い腕時計なら水道で丸洗いしてもOKですか?

    A:防水が確保されている事が条件です!


    ダイバーズウォッチなどの高い防水性が確保されている時計ならば問題ありません。

    ただあくまでも防水性がしっかりと確保されている事が条件です。


    一般的に水道の蛇口から出る水の勢いに耐えられる時計は

    100メートル位の防水性からなので日常生活防水程度の時計は

    丸洗いは避けて下さい。


    また高い防水性の時計であってもリュウズがしっかりと押し込まれていない等の

    誤使用をしてしまえば勿論水が入り故障しますのでご注意下さい。







    Q:金無垢の腕時計もステンレススチールの時計と同じように扱えますか?

    A:キズが付きやすいので注意して下さい!


    金無垢素材はステンレススチールなどに比べると素材が柔らかいので

    少し擦っただけでも細かい傷が付きやすいので注意がが必要です。


    ただケースが違っても機能や性能はステンレススチールタイプの

    時計と同じなので基本的にはステンレススチールの時計と同じ様に

    使用して頂いて問題ありません。







    腕時計に関するご質問問い合わせは→お問い合わせ

    ショップはこちら→腕時計の通販店舗ワールドウォッチショップ
     

    | 1/1PAGES |

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM