腕時計は水を舐めたらいかんぜよ!

0

    JUGEMテーマ:通販

    JUGEMテーマ:おしゃれな腕時計

    JUGEMテーマ:腕時計

    JUGEMテーマ:時計★大好き

     

     

     

     

     

    精密機器である腕時計には様々な取扱い上の注意点や

     

    磁気や衝撃などの天敵が存在しますがその中でも一番の

     

    天敵とも言える物にがあります。

     

     

     

     

     

     

    時計は内部に水が入ってしまってもすぐに止まる事は少ないです。

     

    しかし水入りトラブルは他のトラブルよりも致命傷になる確率が

     

    高いので注意が必要です。

     

     

     

    時計内部に水が入ってしまっても1週間位は普通に

     

    動くので多くの方は問題無いと油断してしまいがちですが

     

    その間に内部への侵食は進んでいきます。

     

     

     

    風防が曇る様なケースだとかなりの水分が浸入している

     

    状態だと予想され内部のムーブメントだけでなく

     

    針や文字盤の変色や腐食など外装にも影響ほ及ぶので

     

    ダメージは大きいです。

     

     

     

    それが最終的にはサビなどに発展し時計が止まってしまった時には

     

    大量のサビが発生しており既に手遅れなんて事も多々あります。

     

     

     

     

     

     

    水仕事や海で水中に浸ってしまった等の場合はともかくとして

     

    意外に多いのはリューズの緩みによって自然に内部に水分が入り込む

     

    ケースです。

     

    ダイバーズウォッチなどの場合でもリューズがしっかりと締まっていないと

     

    防水性能はほぼ発揮出来ないので水回りで使用する際は事前にリューズの

     

    チェックをしておく事が欠かせません。

     

     

     

    また気密性の低い時計の場合は水分が入っても時間と共に再び水が抜けていく

     

    場合も稀にありますがダイバーズウォッチなどの気密性の高い時計の場合は

     

    逆に水分が抜けずにダメージが大きくなる事も多いです。

     

     

     

     

     

     

    水が入ったと分かったらその場で動いていたとしても

     

    早急に修理工場に持ち込んで下さい。

     

    すぐに持ち込まれた物であれば内部洗浄と油の塗布で済むので

     

    通常のオーバーホール料金で対応してもらえる可能性が高いです。

     

    水入りトラブルは早急な修理依頼が賢明といえます。

     

     

     

    大事な腕時計を水トラブルから防ぐには日頃からの小まめなチェックと

     

    もしもの時はプロに早急な修理依頼をする事が必須方法ですので

     

    覚えておいて下さいね!

     


     

     

     

     

    お問い合わせはこちら→お問い合わせ

    ショップはこちら→腕時計の通販店舗 ワールドウォッチショップ


    ムムッ!そんな時計の保管じゃダメなんですッ!

    0

      JUGEMテーマ:おしゃれな腕時計

      JUGEMテーマ:腕時計

      JUGEMテーマ:時計★大好き

      JUGEMテーマ:通販

       

       

       

       

       

       

      お気に入りの腕時計を皆さんはどの様に保管や収納していますか?

       

      何気なくテーブルの上に置いている!

       

      大事に収納ケースに入れている!

       

      大事過ぎて金庫の中に保管している!

       

      なんて様々な保管や収納の仕方があると思います。

       

       

       

      雑過ぎると故障の原因になってしまいますし神経質過ぎると

       

      折角の腕時計を楽しむ前に疲れ切ってしまいます。

       

      そこで適切な腕時計の保管と収納の方法をご紹介したいと思います。

       

       

       

       

       

       

      腕時計の保管場所に関して湿気や磁気に不安を覚える方も多いかと思います。

       

      しかしそれほど神経質になる必要はありませんので安心して下さい。

       

      確かに湿気は腕時計の大敵ですが浴室やキッチンの様な大量に湿気が発生する場所はともかく

       

      人間が普通に快適に生活出来る場所なら特に問題ありません。

       

      磁気に関しても同様に一般的な家電品なら『5センチ』程度距離をおけば問題ありません。

       

      ただし!

       

      「スピーカーの上に時計を置く」

       

      「鞄の中でスマホと重ねて入れる」

       

      などの密着シーンは磁気帯びを招き危険ですので要注意です。

       

      また見落とされがちでずが鞄の留め具やキャビネットの磁石部も強力な磁気を発する

       

      場所ですので注意が必要です。

       

       

       

       

       

       

      腕時計を引き出しやロッカーの中などに入れる際はシンナーや接着剤

       

      化粧品類などの揮発性の薬品と一緒に収納しない様に気をつけましょう。

       

      特に貴金属が使われたモデルやマザーオブパールなどの天然素材を使用した

       

      文字盤などは揮発性物質と化学反応を起こして変色や退色してしまう

       

      危険性があります。

       

      一度変色してしまうと化学反応なので修理は不可能で文字盤やケースごと

       

      交換となるので要注意です。

       

       

       

       

       

       

      腕時計を長期間保管する際には本体からベルトまで残った水気や汚れを

       

      しっかりと落としておく事が重要です。

       

      保管ケース内は密閉性が高いので湿気が残っているとサビやカビが発生したり

       

      汚れから菌が繁殖して肌トラブルを招く事もありますので注意が必要です。

       

      乾いたクロスで汚れなどを拭いたら日陰の風通しの良い場所で

       

      半日以上は自然乾燥させましょう。

       

      ブレスのコマの間やリューズの根元など水気が残りやすい場所は綿棒などで

       

      丁寧に水分を拭き取ってから収納しましょう。

       

       

       

       

       

       

      強い日差しがある時期は車のダッシュボードの上などに

       

      無造作に時計を置いてはいけません。

       

      日光にさらされた車内では時計内部も高温となり文字盤塗料や機械油の劣化

       

      パッキンの変質など様々なトラブルを招く危険性があります。

       

      アウトドアでの使用時やドライブの休憩時などには十分に気を付けて下さい。

       

       

       

       

       

      神経質になり過ぎていた部分や意外に気にしていなかった注意点が

       

      あったなんて方もいらっしゃったのではないでしょうか。

       

      適切な保管と収納方法で楽しい腕時計ライフを長く楽しんで下さい!

       

       

       

       

       

       

      お問い合わせはこちら→お問い合わせ

      ショップはこちら→腕時計の通販店舗 ワールドウォッチショップ

       

       


      自己満のセルフケアはNG行為だらけ!

      0
        JUGEMテーマ:腕時計
        JUGEMテーマ:時計★大好き
        JUGEMテーマ:通販
        JUGEMテーマ:おしゃれな腕時計







        お気に入りの腕時計を大事に扱いセルフケアを

        欠かさな方も多いとかと思います。

        しかし間違ったセルフケアをおこなっているとお気に入りの時計は

        どんどん傷ついてしまい故障が起こるのを早めてしまいます。



        またセルフケアって何をすれば良いか分からない、、、

        自分でケアしたら壊れてしまいそうで怖い、、、


        なんてセルフケア初心者方の為にもセルフケアのNG行為と

        簡単なケア方法をご紹介しようと思います。







        汗や脂で汚れてもケースを水拭きするのはNG


        汗をかいた後などは皮脂汚れやベタツキ汚れを濡れたクロスで拭きたくなると思いますが

        時計の日々のケアでこれはNG行為です。

        時計はプラスチックやゴムなどのパッキンで防水性を確保していますが

        経年劣化でその密封性が低下し防水性が発揮出来ない事もあります。

        また時刻合わせ後などでリューズをしっかりと締め忘れていたなど

        不測の事態も起こりえます。

        時計内部に湿気や水気が浸入すれば重大なトラブルに発展してしまいますので

        万が一の事故を防ぐ為にもケースは乾拭きを鉄則にしておきましょう。







        プールや海で時計を使った後シャワーや水道で洗うのはNG


        防水性が確保された時計を海やプールなどで使った後は単に乾拭きするだけでは

        雑菌や汚れを除去出来ず臭いやサビの原因となってしまいますので

        確かに洗い流すケアは必要です。

        しかしシャワーや水道水などを直接当てると想定外の方向から想定外の高い水圧が

        時計にかかるのでこれは絶対にNGな行為です。

        洗面器などに水かぬるま湯を張りその中でクロスやブラシで優しくケアしてあげましょう。

        ケア後は風通しの良い場所でしっかりと乾燥させる事が必須です。







        防水仕様のレザーベルトでも水拭き水洗いはNG


        緻密な繊維質で構成されたレザー製品は内部に水気が浸入すると毛細管現象で

        より内部へと浸透しやすいものです。

        ですので例え防水仕様のレザーベルトであっても水拭きや水洗いは厳禁です。

        レザー素材の変色や変質を招いてしまったりカビを発生させるので気をつけましょう。

        レザーベルトのケアは柔らかいクロスを上からそっと押し当て

        拭くのではなく汚れや水気をクロスに吸い取らせるイメージで行いましょう。

        汗をかいたら面倒でもその都度こまめにケアする事が重要です。

        着用後は日陰でしっかりと乾燥させておく事もお忘れなく。







        落ちにくい頑固な汚れを無理に落とそうとするのはNG


        リューズのネジ山や裏蓋などにいくらブラッシングしても落ちない

        頑固な黒ずみや皮脂汚れなどがある場合は注意が必要です。

        単なる凝固した汚れだと思っていた物が実は腐食やサビだったという事がよくあります。

        それをドライバーなどで無理にコジ取ろうとするとケースをキズ付けてしまったり

        最悪の場合は部品を損傷させてしまう事もあるからです。

        力任せに汚れを落とそうとせずそんな場合はプロの時計屋さんなどに

        相談する事をおすすめします。





        正しく安全なセルフケア方法で大事なパートナーでもある腕時計を

        長く綺麗に保って素敵な腕時計ライフを楽しんで下さいね。





        お問い合わせはこちら→お問い合わせ

        ショップはこちら→腕時計の通販店舗 ワールドウォッチショップ

        やっちゃいけない時計のあれこれ!

        0
          JUGEMテーマ:時計★大好き
          JUGEMテーマ:通販
          JUGEMテーマ:腕時計



          繊細な精密機器である腕時計には日常シーンでも細やかな配慮が必要です。

          そこで本日はユーズケアや保管などの各シーンでやってはいけないNG行為を

          ピックアップしてご紹介しようと思います。

          間違った方法での使用やケアは時計に大きなダメージを与えてしまい

          結果としてお気に入りの時計の寿命を縮めてしまう事になるので要注意です!








          やっちゃいけない!
          その1:リューズは1回転を1秒以内のスピードで回してはいけない!


          腕時計のリューズを猛回転させてゼンマイを巻きたくなる方も多いと思いますが

          この行為は危険ですので要注意です。

          機械式時計はリューズを回すと軸が回転してその回転が各種歯車へと伝達され

          ゼンマイを巻き上げる構造になっています。

          あまり速く回転させると内部の歯車機構も猛回転し過度な摩擦が生まれ

          摩耗や損傷の危険性があります。

          時計にとって最適なスピードは「1秒間に1回転」が無理のない速度です。

          リューズを回す時は「1秒間に1回転」を目安にゆっくり回す様心がけて下さい。







          やっちゃいけない!
          その2:自動巻きの時計は振ってローターを回してはけない!


          止まった自動巻き時計を動かし始める際に時計を振ってローターを

          動かそうとしてはいけません。

          ローターは大きく重量のある部品ですがその軸は繊細な部品です。

          時計を上下に激しく振るとその軸やベアリング部分に歪みや

          曲がりが生じてしまう危険性があります。

          もしそれらの部品が歪んでしまうとローターが水平に正しく回転せず

          歪に回転しローターや機械の損傷などのトラブルにも発展してしまいます。

          時計の使い始めは時計を振るのではなく手でゼンマイを巻きあげる様にしましょう。








          やっちゃいけない!
          その3:クォーツ時計はリューズを使わないままにしてはいけない!


          ゼンマイの巻き上げや時刻調整など頻繁にリューズを操作する機械式と異なり

          クォーツの場合はリューズに触れる少なくなりがちです。

          しかし時計のリューズ周りというのは使用していると自然に

          皮脂や汚れなどが溜まってしまいます。

          そのまま放置すると汚れが凝固しサビや腐食を招き動作不良を起こす原因となるので

          要注意が必要です。

          週に1回程度はリューズを空回りさせ1ヶ月に1回程度はブラッシングケア等を行えば

          それらのトラブルを防止する事が出来ます。








          やっちゃいけない!
          その4:オーバーホール時期を過ぎてからも時計を使い続ける!


          オーバーホールに関してメーカーが何年に一度と期間を推奨してるのは

          機械に塗られた専用油の耐用期限が概ねその期間だからです。

          それを過ぎると重力の影響で油が剥落したり金属カスなどが溜まって

          スムーズに潤滑しなくなり部品同士の抵抗が増大します。

          機械に徐々にストレスが加わり作動不良や部品の摩耗や欠損などのトラブルに

          発展してしまう危険性があります。

          期間経過後も「まだ動くから」と使い続けるとトラブルリスクが高まってしまいます。








          まだまだ沢山の「やっちゃいけない!」はありますが本日は幾つかを

          ピックアップさせて頂きました。

          日頃の使用で何気なくやってしまっている事や、、、

          大事にしてるつもりが、、、

          なんて間違ったケアなどもありますので

          お気に入りの時計の寿命を縮めてしまう事にならない様に気をつけましょう!






          お問い合わせはこちら→お問い合わせ

          ショップはこちら→腕時計の通販店舗 ワールドウォッチショップ

          初心者による初心者のためのニクソン時計入門

          0
            JUGEMテーマ:腕時計
            JUGEMテーマ:通販


            こんにちは嬉しい

            今日もご覧くださりありがとうございます嬉しい

            腕時計って何を買えば良いかわからない?

            どれのモデルが今の流行なの?

            おすすめの腕時計は?


            初めて、腕時計を購入する時って

            正直、何を購入すればいいのか

            わからないと思います。

            私もそのひとりでした楽しい


            そこで・・


            本日は実際に購入してくださった商品を

            ご紹介していきたいと思います。

            今回購入頂きましたのは

            ニクソン 腕時計 48-20 A3631886 です!





            存在感を高める上質レザーの実力!


            サーフなどのスポーツシーンやストリートファッションの鉄板ウォッチ

            として、ラバー素材を中心としてラインナップが豊富な

            ニクソンですが、その中でも異彩を放ちながらもいまも

            注目されているのがレザーストラップシリーズです!























            上質なアルゼンチン製カスタムレザーを採用し

            アメリカンアリゲーターの柄を型押しで表現

            することで、ラグジュアリーな雰囲気がプラス。

            ニクソンらしい遊び心を文字盤は

            シャープなスーツスタイルにいマッチする

            シンプルデザインです。
























            立体的なインデックスで存在感を放つクロノグラフなど

            ウイークデーのオンスタイルにも

            カジュアルな装いにも活躍してくれそうなモデルです。























            裏蓋もかっこ良くデザインされており

            ニクソンのロゴと48-20のモデル名を刻印!























            上質な腕時計があることで、全体が引き締まり

            ワンランク上のクラス感がアップ!

            カジュアルですが大人らしさを

            大切にしたい人におすすめの腕時計です!


            やはりニクソンは豊富なランナップで

            どれを選べばいいかわからなくなってしまいますが

            一番人気はシンプルなカラーリングと

            重厚感を放つレザーストラップがおすすめです。


            ニクソンの時計でわからないことあれば

            お気軽にご連絡ください!



            お問い合わせはこちら→お問い合わせ

            ショップはこちら→腕時計の通販店舗 ワールドウォッチショップ












             

            | 1/198PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            30      
            << September 2018 >>

            selected entries

            categories

            archives

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM